小学生は偏差値を気にする必要ない

中学受験の参考書や問題集も豊富! セブンネットショッピング

中学受験で偏差値は重要ですが、小学生の子供には偏差値の意味を理解させることは難しいでしょう。

テストの点数のように、わかりやすい指標でないのも偏差値がわかりにくい原因です。

しかも中学受験の偏差値は、塾などによっても変わるので必ずしも当てになりません。

 

小学生が偏差値を理解する必要がない理由

中学受験に限らず、テストの点数がよければ偏差値は上がります。

しかし全体の点数が高ければ、偏差値は思った程伸びないことはよくあります。

小学生にとって、この仕組みを理解するのは難しいでしょう。

 

中学受験の場合は、小学生はあまり偏差値を意識する必要はありません。

むしろ勉強とテストの点数だけを気にすれば、中学受験では通用します。

実際に難関中学を受ける子供でも、偏差値について知らない小学生は多いです。

 

無理に受験の知識をつけさせる必要はないので、単純に受験用の勉強に力を入れましょう。

偏差値に関しては、親が理解していれば十分です。

 

偏差値の仕組みを知らない親が多い

小学生の子供に中学受験をさせるのに、偏差値を理解していない親は意外と多いです。

学校の名前や周りの雰囲気に流される親ほど、偏差値を理解していません。

普通の小学生の親であれば、偏差値のことは知らなくても何の問題もありません。

 

ですが中学受験を意識している場合は、しっかりと偏差値の仕組みを理解しましょう。

そうしなければ、テストで点数だけに左右されて志望校の合格の可能性を見誤ってしまいます。

合否は単純にテストの点数だけではなく、偏差値にも大きく左右されるからです。

 

とくに塾に通っているのならば、塾によって偏差値が違うことも理解しましょう。

有名塾などの模試は、普通の模試よりも偏差値が著しく低くなる傾向にあります。

知らないとショックを受けて間違った勉強をさせるので、しっかりと把握することが大事です。

 

小学生にとって偏差値は、はっきりいって未知の世界と言っても良いでしょう。

親が正しい理解をすることで、中学受験に乗り越えることができます。

中学受験の本も多数取り扱いあり セブンネットショッピング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です